JHI BALLET CREATIVE
2020年度シーズン入団オーディション        (東京)

水準の高い韓国で数々の受賞歴を誇るコンテンポラリーダンスカンパニー

【お申込受付期間】

2020年1月13日(月)~2月5日(水)


【オーディション日時 / 場所】

2020年2月8日(土)18時~21時 ※多少遅前後する場合もございます。

芸能花伝舎 C1スタジオ

https://www.geidankyo.or.jp/12kaden/


【オーディション参加費用】

9,000円(税込)

​当オーディションは終了致しました。

 

【採用者コンディション】

<給与>

正団員400,000韓国ウォン(約37,700円 ※2020年1月現在)および、団員専用マンション無償提供

準団員は専用マンション無償提供のみ 

※団員専用マンション(2名1室)

 

<公演報酬> 1公演出演当たり

正団員150,000韓国ウォン(約14,100円) 準団員10万ウォン(約9,420円)

 

【年間公演数】2020年度 25回~30回を予定

【2020年海外公演予定地】アメリカ、中国、台湾、日本

【クラス】週5回 ※クラス終了後は作品練習(変更可能)

【所在地】クラススタジオ(水原駅徒歩圏内) 烏山文化芸術会館(カンパニー常駐劇場)

 

【オーディション衣装】

女性ダンサー

レオタード(色自由)

バレエタイツ

バレエシューズ ※トウシューズ不用

スカート・パンツ持参可

メイク自由

 

男性ダンサー

タイトなTシャツ

バレエタイツ 

【芸術監督紹介】

Jeong Hyeong Ill(ジョンヒョンイル)

・JHI BALLET CREATIVE 代表芸術監督

・烏山文化芸術会館常駐団体代表

・Co.B.A(Contemporary Ballet of Asia)芸術監督

・SCFソウル国際振付フェスティバル演出監督

・現代舞踊振興会理事

・世界舞踊連盟理事

・ソウル文化財団、ソウル舞踊センター運営委員

 

・前、韓国国立バレエ団団員

・前、米国Dance Theatre of Harlem

・前、米国Eugene Ballet Company Principal

 

・2019東京シティバレエ団へ振付<The Seventh Position>

・2018済州ヘビチフェスティバルショーケース優秀作受賞<The Seventh Position>

・2015大韓民国舞踊大賞ベスト7受賞<重量からの自由>

・2013大韓民国舞踊大賞ベスト7受賞<Untitled>

・2012ダンス評論家協会演技賞受賞

・2012評論家が選んだ若い振付家選出

・2011ソウル舞踊祭自由参加部門最優秀団体賞受賞

・2010韓国バレエ協会新人振付仮想受賞

・2009韓国文化芸術委員会新進アーティスト選出

KakaoTalk_20200108_120911508.JPG

【カンパニー紹介】

【 JHI BALLET CREATIVE 】
韓国・京畿道 オサン文化芸術会館常駐団体JHI Ballet Creativeは
芸術監督ジョンヒョンイルを中心にコンテンポラリーバレエ公演を
活発的に継続している団体である。
バレエが持っている審美構図を最大化するためのミニマルで
スタイリッシュな舞台と映像を実現し、人間の身体が持っている構造造形美を強調した
JHI Ballet Creative特有の動きを特徴とする。
最近では、バレエの基本となる5つのポジションに新しい想像を加えた
クラシックバレエ作品の白鳥を再解釈し、団体の作品世界観をより強固に構築している。
ステージでは、コンテンポラリーバレエが示す洗練された動きに接続され
作品の起源は、人間の内面や社会の断面などを反映している。
JHI Ballet Creativeは芸術性・作品性と大衆性のバランスがとれた
レパートリー開発を目標とし、コンテンポラリーバレエネットワークの中心点に
なろうとする。現在、アジア各地でのコンテンポラリーバレエ振付とアーティストたちが
交流できるプラットフォーム作りに務めている。

【活動目的】

創作バレエの発展とバレエの大衆化

ライフサイクルに合わせたプログラムを提供し

地域文化事業を通じた大衆芸術の質的向上を図る

国内および海外バレエ、振付師と国際交流を通じ

創作バレエのネットワーク・プラットフォームの構築を図る

 

【カンパニー略歴】

»2019

・オサン文化芸術会館常駐団体選出

・第9回大韓民国バレエフェスティバル招請 <The Seventh Position上演>

・SAI Dance Festival開幕公式招待 <The Seventh Position上演>

・SAINOKUNI SAITAMA Art Theater(埼玉県)

»2018

・ソウル文化財団芸術作品をサポート<Two Feathers>

・済州ヘビチアートフェスティバル<The Seventh Position>

・第8回大韓民国バレエフェスティバル<The Seventh Position>

・韓国メセナ協会芸術ファンディングをサポート<Two Feathers>

・オサン文化財団優秀公演招請<The Seventh Position>

»2017

・京畿文化財団専門芸術創作支援<Red Motion>

・京畿文化財団メセナ企業スポンサー<The Seventh Position>

・韓国文化芸術会館連合会<Red Motion>

・韓国文化芸術会館連合会<Red Motion>

・文化の日、職場配信コンサート<映画があるバレエ>

・ソウル文化財団優秀レパートリー選出<The Seventh Position>

»2016

・平沢招請公演<重量からの自由>

・平沢南部文化芸術会館

・済州ヘビチフェスティバル<Red Motion>

・韓国文化芸術会館連合会<Untitled>

・水原文化財団<重量からの自由>

・ソウル文化財団企画公演<The Seventh Position>

・京畿文化財団PAFe <Red Motion> ※優秀作本公演選定

»2015

・SCFソウル国際振付大会<重量からの自由>

・ヨンイン文化財団招請公演<重量からの自由>

・韓国舞踊協会大韓民国舞踊対象<重量からの自由> ※Best7受賞

・ソウル文化財団優秀レパートリー<重量からの自由>

・京畿文化財団PAFeショーケース<Red Motion> ※優秀作選定

»2014

・第4回大韓民国バレエフェスティバル<UNTITLED>

・ソウル文化財団優れレパートリー<UNTITLED>

・Kバレエワールドバレエプロジェクト4050<失われた庭園>

・京畿道文化の殿堂財団発足10周年記念公演<UNTITLED>

»2013

・江東ダンスフェスティバル<重量からの自由>

・第2回創作ファクトリー大韓民国舞踊大賞 ※BEST7選出<UNTITLED>

・第3回大韓民国バレエフェスティバル<重量からの自由>

・PAFe京畿道の専門芸術創作支援<黄金の鶏>

»2012

・京畿文化財団支援事業<モダンバレエとクラシックバレエのハイライト>

・第15回評論家が選んだ若い振付師招請公演<重量からの自由>

・水原文化財団支援事業<Summer Ballet Festival>

・第33回ソウル舞踊祭競演部門<失われた庭園>

・ダンス評論家協会演技賞受賞、ジョンヒョンイル振付家

»2011

・M劇場企画公演<ダンスと意識前><MAD SONATA>

・大田ダンス作家の前に<MAD SONATA>

・第1回大韓民国バレエフェスティバル<MAD SONATA>

・大田市立舞踊団招待公演<FLOWER>

・第32回ソウル舞踊祭<鏡の中の鏡>

»2010

・第13回創作バレエ新人振付家電<鏡の中の鏡>

・ECOフェスティバル<MAD SONATA>

【参加お申し込み】

 

℡03-6300-9560

  • Instagram
韓国・京畿道 オサン文化芸術会館常駐団体JHI Ballet Creat